機種変も多い

修理をする様子

以前使用していたiPhoneが故障したため、新しいiPhoneへ機種変更する人は多いと思います。 最近では古い機種のiPhoneの下取りを行っているところも多く、利用ている人もいると思いますが、故障したiPhoneは買い取ってもらえず、そのまま保管している人も中にはいると思います。 そんな人はiPhone修理店を活用することをお勧めします。 iPhoneの修理代の方が高くつくと思われがちですが、実際には直して下取りに出した方がお得なことが多くあります。 新機種が出た頃には、修理店では古い機種の部品が安く手に入るので修理代も安くなっているからです。 もし手元に故障したiPhoneがあるのならば、iPhone修理店に見積もりを出して、下取りの値段と比べてみることをお勧めします。

iPhone修理の費用は修理するiPhoneの機種が新しいほど高くなります。 理由は新機種の部品が品薄で高価なため、修理代金も高くなるからです。 例えばフロントガラス交換の相場の修理費用は、最新機種であるiPhone6では2万円ほどですが、iPhone5やiPhone5sでは1万円程になります。 またバッテリー交換の費用では、iPhone6では相場で8千円程度ですが、iPhone5では6千円程度となっています。 最近ではiPhone修理店で割引キャンペーンを行っているところもあるので、通常よりも安い値段でiPhone修理を行うことができます。 もしiPhone修理を考えているのならば、一度iPhone修理店のホームページを覗いてみることをお勧めします。